院長の独り言

未病を防ぐことの大切さ

こんにちは!
おおまえ鍼灸治療院です(^^)



今回は、「未病を防ぐ大切さ」についてお話ししていきます。


当院も、お陰様で2周年を迎えれそうです。
これもみなさんのおかげです!


来院される患者さんの症状としては、

腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、肩こり、首こり、偏頭痛、ひざの痛み、自律神経失調症、うつ病、パニック障害、適応障害、頭痛、めまい、耳鳴り、五十肩、体がだるい、発疹、脱毛症、不妊、発達障害、美容、手術後の後遺症、眼精疲労、下痢、便秘、難聴、冷え性、貧血、動悸、逆流性食道炎、鼻炎


など、ざっくりこんな症状の方が来られています。


その中でも、

・急性(2週間以内に出た不調)
・亜急性(2週間~3ヶ月以内に出た不調)
・慢性(3ヶ月以上前からある不調)

に分かれます。


来院された時は、「今」の症状を緩和させたいという思いのある患者さんが多いように感じています。
それは、もちろん当たり前のことで「この痛みをなんとかしたい!」という思いがあります。


そして痛みが緩和されれば、卒業もしくは予防に移るわけですが、
ここで大事なのが、せっかく良くなったからこそ予防が大事!ということです。


鍼灸院の大きな役割の一つに「未病を防ぐ」があります。


・将来、病気になる前に予防をする
・再び不調が出ないように予防する(もしくは不調が出てもすぐに対策する)
・運動、食事、ストレス対策などの具体的な内容をお伝えする
・それぞれの体質にあった健康法をお伝えする
・病院では異常なしや原因不明と言われた症状を治療する


これらのことを当院では意識して取り組んでいます。


やはり健康が1番大事で、将来病気になるかどうかは人生を豊かに過ごすうえで重要なことだと思っています。


話は変わりますが、
ここ70年で、日本の医療費が200倍に高騰しています。
しかし、不思議なことに患者数も年々増加しています。


薬・湿布・注射・手術・電気などで慢性病に関しては治療しても治っていないということですね。


これはみなさんの自己防衛が大切です。
その治療は根本的な解決になっていますか?というのを自分に問うてみてください。
(※もちろん薬を飲まないといけない人もいます)


やはり、西洋医学では「科学的に数値や画像として分かるもの」を重要視します。
それももちろん大事で病院でしか治せないものもたくさんあります。


その反面、
「機能的でレントゲンやMRIで判別できないもの」に対してはかなり苦手分野だと思います。


そういう時は、ぜひ東洋医学を参考にしてみてください。


現代医学では、腰痛の85%が原因不明と言っています。
東洋医学では、原因不明という症状がありません。理論に基づいて原因があります。


それぞれの分野に得意・不得意がありますので正しく選択したいところですね。


話が完全にそれてしまいましたが、

「今」の症状だけに目を向けすぎるのではなく「未来」のための健康を考えていくことが大切だと思います。



深刻な病気になる前に、予防していきましょう!



当院でサポートできることもあります
鍼灸、具体的な自宅ケア、心理学をお伝えしてストレスを減らすなど
みなさんの「今」の不調を緩和させると同時に「未来」の健康を提供できるように努めていきますので
3年目のおおまえ鍼灸治療院を今後ともよろしくお願いいたします!



最後までお読みいただきありがとうございました。



=================
腰痛・自律神経の施術が得意!
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1610-7
おおまえ鍼灸治療院
TEL:0737-23-8618
【訪問対象地域】
有田郡(湯浅町・有田川町・広川町)
有田市全域
日高郡(由良町)
=================






最近の施術スタイルと変化

こんにちは!

久しぶりの投稿となります(^ ^)


最近、新たな治療方法を導入しました!
「アキュゾーンセラピー」という治療法です。


というのも今までは、

・トリガーポイント療法
・筋膜リリース
・心理療法
・カイロプラクティック
・東洋医学 脈診 経絡療法
・チャクラ活性

などなどあらゆる方法を駆使して
患者さんに合わせて施術方法を選択してきました。

それぞれがどれも、特定の症状には効果的でした。
しかし、デメリットもありました。

ピンポイントで方法を選ばないと劇的に変化を起こすことができない点です。
それを見極めるのは、非常に難しさを感じていました。


そこでこれまでの理論をすべて網羅した方法はないか模索していました。


このアキュゾーンセラピーの特徴は、

・即効性がある
・痛みがない鍼灸
・症状緩和と根本改善が同時に行える
・痛み以外の自律神経・不定愁訴・メンタルにも施術ができる
・不調が取れたか確認して施術を終えることができる
・患部に鍼をすることなく緊張を緩和できる

などです。


導入して、少しですが現時点で患者さんの変化がとても大きく感動される方が増えました。

もちろんこれで完成した!というわけではなく常にバージョンアップしていきます。

今後も、頼って来院される方のためにも技術のアップデートを行なって少しでも貢献できるように精進していきます。



最後までお読みいただきありがとうございました。


鍼灸でどのように自律神経を整えるのか

今回は、鍼灸でどのように自律神経を整えるのか。

についてお話しします。


当院では、西洋医学・東洋医学両面の観点から自律神経の施術にあたっています。

まず、西洋医学と東洋医学の違いについては以下の通りです。


病院での処置としては、薬や心理カウンセリングなどが一般的な施術です。

一方東洋医学では、体の働きを高めて自然治癒力を引き出すような施術です。

どちらが優位かどうかという話ではないですが、両面に良い面があると思いますので上手く活用していくことが大切だと思っています。

よく一般的にいわれる自律神経の不調ってたくさんありますよね。

かなり広い範囲で自律神経失調症と判断されることが多いと思います。


ここで、東洋医学での観点でみてみるとタイプ別に分別されます。

ざっとまとめてみましたのでどれに当てはまるかみてみてください!

【肝タイプ】
・生理痛
・目がくすむ・ぼやける
・頭痛
・回転性のめまい
・のぼせ
・まぶたのけいれん
・イライラ
・ドライマウス
・高血圧
・歯の食いしばり
・脳の血流低下
・冷え性
・巻き爪

【心タイプ】
・不整脈
・不眠
・多汗症
・心配事で「どうしよう」と考えがまとまらない
・貧血
・過労
・物忘れ
・胸の痛み・違和感
・狭心症・心筋梗塞
・寝汗
・眠りが浅い(怖い夢を見る)
・躁鬱(そううつ)

【脾タイプ】
・無気力
・手足のだるさ
・生理不順
・鼻血・血尿・血便
・舌のむくみ
・座ってることが多い
・口内炎
・食後のお腹の張り
・消化不良
・食べる量減ったけど太る

【肺タイプ】
・朝一の症状
・声が出にくい
・過敏性腸症候群
・便秘
・末端の冷え
・手足の汗
・動悸
・皮膚の症状 乾燥肌
・おならがよく出る
・円形脱毛
・鼻炎・花粉症・喘息
・日中の頻尿

【腎タイプ】
・むくみ
・夜中のトイレ2回以上
・耳鳴り・難聴
・精力減退
・更年期
・白髪
・立ちっぱなしの仕事
・脱毛
・骨粗鬆症
・パニック うつ
・老化
・不妊
・小さな文字が見えにくい


肝・心・脾・肺・腎の5臓のタイプ別の主な特徴をざっと書いてみましたが、
いかがでしょうか?

どの項目が多かったですか?

一つ注意点がありますが、これは肝臓が悪い!というものではありません。
東洋医学では、「臓器」を指していません。タイプ別の「働き」を指していますので
深刻になりすぎないようにしてくださいね。


こんな感じで、自律神経失調症といってもタイプ別に分類されます。

この五臓の整え方は施術にて特殊な手技で調節していきます。


また、心理カウンセリングや深層筋(トリガーポイント)なども組み合わせて施術をしていきます。


当院では、
東洋医学+西洋医学の考え方を混合した形で行います。


原因不明の不調がある場合、お気軽にご相談してください!


最後までお読みいただきありがとうございました。




最近、施術をしていて思うこと

こんにちは!

かなり寒くなってきましたね~
当院でも冷房から暖房に切り替わっています^ ^

→施術を受けていて「暑い」「寒い」がありましたらお気軽に言ってください~!


院長の独り言ということで、今日は施術について思うことを書いてみようかなと思っています。



おおまえ鍼灸治療院も、おかげさまで開業して約1年4ヶ月くらい経ちました。
カルテ枚数も200人を越えました。


「もうそんなに新規の方を施術したのか」という気持ちもあるし、

「まだ1年4か月?3年くらいやってる感覚やな」という気持ちもあります。


オープンしてから、

「どうすれば患者さんがもっと良くなるか?」

「この治療の方がいいかもしれない」

「やっぱりこっちの方が効果あるかもしれない」


みたいな案を永遠にグルグル回しております。


この回転を止めては、いけないと思います。
(おそらくゴールはない)


そして、最近ふと思うことがあって
いろんな施術方法があって、もちろんどの部位をどの施術で行うのか。
どれくらいの刺激量で行うのか。なども大切ですが、


一番は、「施術者の体調管理」が大切ということを最近思います。


治療は、理論をもとに行うこともあれば、
直感(感覚)をもとに行うこともあります。


普通に健康という状態であれば普通の結果になりますが、


スーパーサイヤ人のようなパフォーマンスを最大に出せる体調を作ることで
直感力が増し、効果を出しやすいと感じます。


患者を治す立場であれば、圧倒的に健康であることは大事だとも思いますし。


健康といっても、
毎日玄米食べて、一切糖質を取らないというような過酷な制限ではなく

・適度な運動
・偏りすぎな食生活はしない
・趣味を楽しむ
・適度にサボる(治療中はサボりません笑)
・サウナに行く
・よく寝る
・たまに不摂生する(気持ち的なストレス発散)


みたいな感じで、心身ともに健康な状態を作れるようにしたいと思います~


頼って来てくれている患者さんには、心から治したいと思っていますので日々準備して待ってます~♪( ´θ`)ノ



最後までお読みいただきありがとうございました!


=================
腰痛自律神経の施術が得意!
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1610-7
おおまえ鍼灸治療院
TEL:0737-23-8618
【訪問対象地域】
有田郡(湯浅町・有田川町・広川町)
有田市全域
日高郡(由良町)
=================

読書療法は慢性痛に効果的?!

こんにちは!

おおまえ鍼灸治療院です^ ^



読書の秋!ということでみなさん本読んでますか?



読書はメリットがたくさんありますので是非チャレンジしてみてください!




【読み方にもいろいろある】


・最初から最後までしっかり読む「熟読タイプ」

・目次をサラッと見て、興味のある部分だけを読む「要点タイプ」

・表紙→前書き→後書き→本の中心点を捉えている項目3~5個→紙にまとめてアウトプット→5分で誰かに伝える「速読&記憶&実用タイプ」



に分かれます。



私は、20代前半の時は、「熟読タイプ」で途中で飽きてしまって完全に読み終えない、、、という現象に陥っていました。笑



前社で、本の読み方を学んでから数年間は「速読&記憶&実用タイプ」でした。



時短になるし、且頭にバッチリ記憶されて、レベルアップしてる感がありました。



ちょっとめんどくさくてエネルギー使うんですけどね笑



最近は、実用書系の本は目次だけを見てます。



その中から気になる項目だけ読んでます。「要点タイプ」



実は、ビジネス系の本や実用書系の本って、重要な項目は少ししかないんですよ(°▽°)



ただ、小説などは「熟読タイプ」じゃないと読めないでしょう。



ゆっくり味わって読みましょう^ ^



なんだかんだこんなこと言いながら、最近読書サボり気味なので



私も読んでいこうと思います!



あと、読書を通して慢性痛に対して正しい知識を身につけることで回復される方もたくさんいますよ!



是非みなさんも自分に合った読み方でチャレンジを!



=================
腰痛・自律神経の施術が得意!
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1610-7
おおまえ鍼灸治療院
TEL:0737-23-8618
【訪問対象地域】
有田郡(湯浅町・有田川町・広川町)
有田市全域
日高郡(由良町)
=================

腰を揉んでも治らない理由

こんにちは~!

今回は、独り言です^ ^


当院の特徴は、一言でいうと

トリガーポイント鍼治療で頑固な筋肉にアプローチする

みたいな感じです!



が!



他にもいろいろやってます(^^)



筋肉への治療だけでは不十分で、根本原因を治しきれないからですっ?rz



根本原因は、おおまかに3層構造です。



筋肉→内臓→メンタル(これは例です


みたいな感じで、表層に現れるものと


奥に潜んでいるものがあります。



筋肉を治したら、内臓の働きだった



内臓の働きを治したら、メンタルの問題だった



みたいな感じで繋がっていきます(これは例です)



不調の原因ってめちゃくちゃあります。



生活習慣(食事・運動・酒・タバコ・水分・姿勢・栄養)

外的環境(花粉・気圧・温度・細菌・ウイルス)

内臓・脳・脊髄・骨・関節・筋肉・膜・皮膚・神経・半月板・椎間板・経絡

メンタル(感情・人間関係・経済的な問題・恋愛・能力・固定観念・在り方)



などざっくり言ってもこれだけあります。



あなたの腰痛肩こり膝の痛み自律神経失調症は、



この中のどれかが原因で発症しています。



しかも、2つ以上あります。



これだけある中で、腰を揉んだり叩いたりして果たして腰痛は治るのか。



腰痛は、腰が悪いから出ているのでないです。



結果的に、腰が痛くなっているだけで根本原因は別のところに存在します。



なにが言いたいかというと、



腰だけの治療をして(椎間板も含む)
治らなくても希望を捨てなくていいですよ!と言いたいです。




これだけ原因があるのだから他に治る道はあるはずです。



その原因を見つけることが当院の役割だと思っています。



と、かっよく決まったところで終わります。



8月入って暑い日が続きますが、水分しっかり摂って



みなさん盆まで頑張りましょう~!



ではまた




トリガーポイントとは

こんにちは!


おおまえ鍼灸治療院です^ ^


今日はトリガーポイントとは?について投稿していきます。



さっそく本題に入ります!


トリガーポイントとは、

・固くなっていて触るとコリっとシコリのようになっている筋肉

・深層筋に形成されやすい酸欠になっている筋肉

・栄養不足になっていて血流不足の筋肉

・触ると痛みが他の部位まで広がる(関連痛がある)

・マッサージや湿布では緊張が取れない

・「動かしすぎ」「動かさなさすぎ」でトリガーポイントが形成される

・トリガーポイントを触られると痛気持ちいい感覚がある


ざっくりとこんな感じです^ ^



体を触診し検査すると、分かります(^^)



このトリガーポイントが、「痛み・こり・しびれ」を直接的に引き起こします。



当院では、このトリガーポイントに鍼(はり)をします。



鍼をすることで、


血流が改善され、筋肉に栄養が行き届き、コリがほぐれます。


結果、「痛み・こり・しびれ」が回復します。



鍼の特徴としては、



数日後にいい変化が現れます。



鍼をしたことによって、体に小さな傷をつけている行為と同様です。



ですので、その傷を修復させようと脳が働きます。



その際に、血流や栄養が伝達され筋肉が正常に向かいます。



その自然治癒は寝ている間に行われます。



ですので、鍼をした直後よりも数日後の方が効果が現れます。



トリガーポイントが改善されると生活がずいぶん楽になると思います^ ^



和歌山県で痛み・こり・しびれでお困りの方はお気軽にご相談ください!



最後までお読みいただきありがとうございました。



=================
腰痛・自律神経の施術が得意!
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1610-7
おおまえ鍼灸治療院
TEL:0737-23-8618
=================

期待感とプラシーボ効果



【期待感が高いほど治りやすくなる】


プラシーボ効果という言葉をご存知でしょうか?



簡単にご説明すると、



「良い思い込み」によって実際に体が良い方向に変化することを



プラシーボ効果と言います。



僕は、風邪をひくと風邪薬を飲みます。



不思議なことに飲んだ瞬間楽になります。笑



薬の効果が現れる前に楽になるという



まさにプラシーボ効果(良い思い込み)です。



単純すぎて自分でも笑えます。



このプラシーボ効果が主に脳が関係しているのですが、



この脳をうまいこと利用して自分の健康に役立てよう!っていうお話しです。



もう一つ事例をお伝えすると、



ある学者による実験があって



体に痛みがある方に、



1錠10円の偽薬を飲んだ人

VS

1錠260円の偽薬を飲んだ人


でどっちが効くのか?


という検証がありました。



結果は、
1錠260円の偽薬を飲んだ人の方が効果がありました。



両方とも効果ありましたが、価格が高い方が効果があったということです。



というか偽薬やのに両方効いたんかい!



この実験で明らかになったのは、



偽薬でも効いてると思えば効く!



というのと期待感が高いほど効く!


ということでした。


なるほど!ですね。


その逆もしかり。



明らかに医学的に根拠のない怪しい健康法以外は



自分にあってる!治る!効く!



と思い込んだ方が治りやすいということです。



普段のやっている健康法に自信持ってプラシーボ効果を活かしていきましょう!



最後までお読みいただきありがとうございました。


=================
腰痛・自律神経の施術が得意!
和歌山県有田郡湯浅町湯浅1610-7
おおまえ鍼灸治療院
TEL:0737-23-8618
=================